トップページ ⇒ 基礎代謝アップ系

基礎代謝アップ系

基礎代謝が低下していると、脂肪の燃焼が上手く行われなくなります。
基礎代謝の例:体重60s成人男性の場合は1時間のジョギングで579kcal程度を消費する

 

ここから考えると、1日の基礎代謝量は1,440kcalほどになります。これほどの消費カロリーがあれば、太ることはそうそうないでしょう。
しかしながら、ジョギングを毎日続けるのは大変難しいことです。
そして、私たちは年齢を重ねるとともに基礎代謝が落ちていくものです。

 

まずは、基礎代謝を上げていきましょう。
基礎代謝を高めることにより、ジョギングなしでも消費カロリーを増やす効果に期待できます。
そのために、基礎代謝アップ系のダイエットサプリがあります。

 

基礎代謝アップ系には、ビタミンB群・ビタミンE・アミノ酸(アルギニンなど)・クエン酸・L-カルニチンなどが配合されています。

 

たとえば、ビタミンB群はエネルギー代謝に関わる補酵素です。
日々の活力に直結しますから、代表格の成分です。
そして、アルギニンをはじめアミノ酸は糖分・脂肪分をエネルギーに変換する酵素の構成に欠かせません。
L-カルニチンはあまり聞いたことがないかもしれませんが、代謝量を上げる成分として注目されています。
このような成分を摂ることで、基礎代謝アップに期待できます。

 

基礎代謝がアップすると、無理な運動も必要ありません。
もちろん、スムーズに痩せるためには運動も欠かせません。
ただ、適度な運動でOKです。
サプリメントを摂りながら、楽しめる球技やウォーキングなど、楽しく運動することでカロリーの消費がぐんと上がります。

 

特にアラサーになると基礎代謝が低下しやすくなります。生活習慣が不規則な場合も、基礎代謝が落ちてしまいます。
思い当たる方は、運動する前に基礎代謝アップを図ってみてはいかがでしょうか。

円高ドル安